2011年10月24日

第4回サザンリーフ宇品海岸セミナー 高口光子『その人らしい生活を最後まで支えきるために』



平成23年10月19日 水曜日

サザンリーフ宇品海岸主催の、第4回のセミナーとして

湖山医療福祉グループ医療法人財団百葉の会の、高口光子さんにお越しいただき

広島プリンスホテルにて、講演会を開いていただきました。

 

mituko.jpg


平日にも関わらず、セミナーには総勢136名の方が足を運んでくださり、


地域のケアマネジャ―や介護職、看護職、病院関係者、あるいは自宅で介護をされているご家族様もおられ

早朝から福山市等の遠方より駆けつけて下さった方もいらっしゃいました。


mituko2.jpg

介護にまつわる様々な事例・エピソードをあげ、

笑いあり、涙あり、「あー!そうそう!そうなのよね!」と

介護現場を経験したものなら思わず頷いてしまうような、リアルで具体的な内容で

「私たち介護をする者は、高齢者に対してどう向き合えばいいのか、どうあるべきなのか」ということを

とても分かりやすく、楽しくお話しして下さいました。


認知症の方や問題行動と呼ばれるものについての考え方、

また、そこで働くスタッフの考え方の大切さを教わりました。


mituko3.jpg

2時間30分という長時間のセミナーでありましたが

その時間を感じさせない、内容の濃い講演を聞かせて頂きました。



セミナー終了後、お見送りの際にも涙ながらに「本当にいいお話を聞かせて頂きました」と

参加者の方から声をいただきました。


高口光子さんが湖山グループであったことも驚かれており、

「このような有意義な企画をしてくれてありがとう、広島で働いている福祉人にとって、嬉しいイベントでした」と

サザンリーフ宇品海岸のこの定期セミナーに対しても評価をいただけました。

地域の方々に喜んでいただけるセミナーとなり、

私たちも嬉しい限りです。



また今後も、地域のニーズを汲み取りながら、精力的に定期セミナーの企画をして参りますので

皆様宜しくお願い致します。

ひがしの会 07:45 | 日記

2011年10月22日

2011年度湖山医療福祉グループ 西日本ブロックこやまケア研究発表会

10月21日(金)広島県の三次ロイヤルホテルにて、
2011年度湖山医療福祉グループ西日本ブロックこやまケア研究発表会が行われました。


水澄み会 スタッフブログ

西日本ブロックこやまケア研究発表会とは、
鳥取・岡山・島根・広島・兵庫の西日本各地にあるブロックの各法人・事業所より集まった
様々な事例・症例を発表・研究・検討する研修会で、毎年、研究・研鑚の場として実施されています。


水澄み会 スタッフブログ

今年度も西日本各県から40名が参加し、研究を行いました。
在宅復帰・看取り・地域との連携・音楽療法・栄養・ケアプランなど様々なバリエーションの
事例についての発表がありました。


水澄み会 スタッフブログ

今回の事例は、11月23・24日に行われる、
2011こやまケア全国研究発表大会おいても、発表される予定です。
全国研究発表会に向け、より内容を深め、多くの方の参考になるよう
今後も事例・症例の検討を行います
ひがしの会 11:42 | 法人ニュース

2011年10月11日

畑で収穫


こんにちは、
朝晩が、だんだんと肌寒くなってきましたね。

施設の裏の畑に植えた野菜たちが
季節の移り変わりを感じて
けなげにスクスク成長しています。


今日は、小規模多機能ホームに通われている奥様方をお誘いして
水菜の収穫をしてきました。


もう家で料理を作ることが少なくなってきたわ・・・と言われるおばあさまも
野菜に触れた途端、慣れた手つきで根っこを削いで一纏めにしていきます。

さすが主婦。
長年培われた腕前は落ちていません。
P1050227.JPG

介護の現場にたずさわっていると
人は老いても失ってもどこにいても、
「居場所」をみつけて
なにか「すること」を持ちさえすれば
案外、生きて(活きて)いけるんだろうなぁと思えます。

それを見つけるお手伝いを
介護や福祉が担えたらいいな、と思います。




水菜は昼食で美味しいサラダにして頂きました。

ご馳走様です。




ひがしの会 17:50 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。