2012年05月31日

えんじゅ千織り庵祭

P1060798.jpg


5月27日(日)
5月OPENの千織り庵で、2周年記念をやろう!という思いつき →計画的な発案で
このたび 小規模多機能ホーム&グループホーム合同で
えんじゅ千織り庵2周年祭を開催いたしました。

「地域密着型施設」と謳われている
グループホームと小規模多機能型施設
せっかくやるなら 地元にしっかりアピールできるものにしよう!と
目立つ黄色のオリジナルTシャツを作成☆
サザンリーフ宇品海岸の竣工式のときお世話になった
イラストレーターの石原悠一さんの仲間の
書道家くまさんにデザインをしていただきました。

P1060759.jpg Tシャツ.jpg

胸元には「I LOVE 地元」の文字が・・・

今回職員分しか発注してなかったのですが
お客様や地元の方々に結構好評で
「それ、売ってないの?」「わたしも欲しい」と言って頂けました(笑)


そして祭り当日・・・


DSC_0039.jpg
近所の方が「飾ってもいいよ」と持ってきてくれた手芸作品を
玄関入ってすぐの場所にドドーンと展示。


DSC_0040.jpg
そして
運転手さんが 施設の庭にあった簾の竹を再利用して
千織り庵らしい和風な屋台を作ってくれた屋台を外に出店。


DSC_0034.jpg DSC_0037.jpg DSC_0075.jpg

今回は「地域に恩返し」をテーマに
手作りベビーカステラやポップコーン、
ジュースや駄菓子を参加者に無料配布させていただきました。
近所に小学校や幼稚園がたくさんある地域なので
親子連れの方が来て下さったり
たまたまお散歩している方が立ち寄って下さったり
なかなかの盛況っぷりでした。


そして一番多く人が集まって下さったのが コレ

DSC_0071.jpg

施設のお客様(特に要支援の方)が持っている能力を
もっと活かす場を作ろうということで始めた
「お客様手作り小物バザー企画」

200円や300円といったお手頃な価格で
可愛らしい手作り小物を屋台で売って
収益はその方の自立支援のための取り組み費用にまわそうという試み。

「年寄りの自分が作った商品なんて売れるはずない」
と最初は不安そうにされていましたが
実際に作品を並べてみたら
「これ可愛い!」「手作りなの?上手ですね」と
小学生やママさんたちが、わぁっと集まって来てくれました。
バザーは半日くらいしか開けてなかったのですが
全部で20個以上購入していただき、まずまずの売上になりました。
本人様も、すごく安堵の表情を浮かべ、少し自信がついたようです。



11時から家族懇親会を開き
中庭でBBQを開催

P1060768.jpg


P1060773.jpg

みなさん、「そんなに日頃食欲旺盛だっけ!?」というくらい
モリモリ食べて下さいました。
P1060774.jpg

普段なかなか顔を合せないご家族同士
普段の介護の様子や、苦労話に花が咲き
「自分だけが辛いんじゃないんだな」と、スっと肩の力が抜けました、と
笑顔で過ごしていただけました。



午後からコミュニティルームで運営推進会議。
今年度の千織り庵の目標や
災害時や緊急時の動きと対応
また、「プチ勉強会」として『認知症の基本と対応』というものも
パワーポイントを使って発表させていただきました。



そして14時からのメインイベント
ボランティア(お客様の御家族様)によるフラダンスショーと銭太鼓演奏


P1060802.jpg P1060798.jpg
 


管理者 渡壁も

ヅラと蝶ネクタイをつけて、司会進行してくれました。
P1060815.jpg


第二部には、職員によるかくし芸大会
運転手さんがマジックショーをしてくれました。
「Mr.マ●ック」を意識した服装・・・・なのかな?

P1060810.jpg P1060813.jpg
トランプやリングを使った手品と 小粋なトークで会場を盛り上げてくれました。


そしてラストを飾るのは、
小規模のスタッフとグループホームのスタッフで踊る
「ヘビーローテーション」
全員制服姿!もちろん男性スタッフも!すね毛は気にしません!


前列二人はヲタ芸を打って会場を沸かせました。
P1060819.jpg

アンコールでは、見学に来てくれたえんじゅ南蔵王の職員も巻き込んで ダンス披露。
P1060832.jpg

無茶振りに応えてくれる えんじゅ仲間。
流石です。



大盛り上がりでフィナーレを迎えた千織り庵祭。

地域ボランティアの会で協力して下さった会長様や代表者様
駐車場を貸して下さった 社協の方や薬師寺の住職様
手芸作品を展示して下さったご近所の方々
ボランティアに来て下さったD様の御家族様
福祉機器展示に協力してくれた はるかぜ様
忙しい中、お客様と一緒に見学に来てくれ、更に手伝ってくれた えんじゅ南蔵王のスタッフ
2カ月以上前からせっせと、手作り小物を50個以上作ってくれたM様
そして休みの日にも関わらずボランティアに来てくれたスタッフみんな



本当にありがとうございました。

これからもどんどん頑張っていきます!
ひがしの会 13:32 | 日記

2012年05月25日

大崎上島の地域住民が求める施設とは?〜地域が高齢者を支える仕組みづくりを目指して〜



516日の19時半から、

社会福祉法人 大崎福祉会 理事であり、曹洞宗清光寺の住職でもある松浦真英さんが

自法人の介護職員に外部研修をする機会を、ということで主催された勉強会に

老健みゆきの相談員兼入所課主任の、波多野が講師として呼ばれました。




勉強会の場所は、なんとお寺の本堂。


 IMG_4270.jpg



お仕事帰りでお疲れだったでしょうが

何名もヘルパーさんたちが参加してくださいました。



勉強会ではパワーポイントを使って

介護老人保健施設の創設から紐解き、今まで福祉社会はどのように進んできていたのかを説明しました。

 

IMG_4262.jpg



実際、大崎上島町で介護老人保健施設みゆきはどういった役割を果たしているのか、

どのように展開していけば地域が求める施設になるのかを、

施設相談員という立場での意見を述べさせていただきました。



「みゆきって名前は知っていたけど、施設が何をやっているかがわからなかった」という意見も飛び出し、

地域住民の方だけでなく、同じ福祉に携わる方でも、「

介護老人保健施設」の役割を十分認識していただけていなかったことに、

驚くと共に、施設からの情報発信をもっとしていかなくてはならないな、と
改めて痛感した次第です。


IMG_4274.jpg


今回、講師役という貴重な機会をくださった松浦理事、
勉強会に参加してくださった皆様に感謝をしつつ、

地域福祉がますますよくなれるように頑張ることを誓った波多野氏でした。

 



仏様の隣で講師役を務めるという

なかなかないシチュエーションでしたが

立派に御勤めを果たしてきたそうです。w





合掌。








ひがしの会 19:50 | 日記

2012年05月15日

湖山医療福祉グループ西日本ブロック会社説明会【広島・岡山】



 
 


■湖山医療福祉グループ西日本ブロック会社説明会【広島会場】【岡山会場】



2012年4月に湖山医療福祉グループ西日本ブロック会社説明会を【広島】【岡山】にて開催いたします。
私共、湖山医療福祉グループは、全国16都道府県21法人で主に高齢者介護事業を展開しており、
「自らが受けたいと思う医療と福祉の創造」という理念のもと、地域に根付いたサービスを目指しています。

介護の仕事に興味がある方はもちろん、関心はあるけどどうなんだろう…とお考えの方や
様々な業界研究をしたいという方もまずは参加してみてください!
きっと介護に対するイメージが変わるはずです。
詳しくは、下記の当日スケジュールをご覧ください。

定員を設けておりますので、早めのご予約をオススメいたします。

■□■□■□■グループの説明会となります■□■□■□■

希望の職種や希望の法人もまずは説明会でいろいろな話を聞いて決めてください。
皆さんのご参加をお待ちしております!

日程:5月22日(火)【広島会場】
===========================================================================
●会場
【広島会場】5月22日(火)
RCC文化センター 7F 702会議室
(広島県広島市中区橋本町5-11)
※広島駅より徒歩10分
※広電 銀山町電停より徒歩5分


●当日スケジュール

13:30〜 受付開始
14:00〜
 ・開会あいさつ
  代表者からのあいさつ
  湖山医療福祉グループに関しての説明
  先輩職員からのメッセージ
  採用スケジュール説明
  質疑応答
16:00   終了予定
●持ち物
筆記用具(アンケート記入用です。当日は選考いたしません。)



日程:5月26日(土)【岡山会場】
===========================================================================

●会場
【岡山会場】5月26日(土)
岡山コンベンションセンター 3F 301会議室
(岡山県岡山市北区駅元町14-1)
※岡山駅直結徒歩3分


●当日スケジュール
13:30〜 受付開始
14:00〜
 ・開会あいさつ
  代表者からのあいさつ
  湖山医療福祉グループに関しての説明
  先輩職員からのメッセージ
  採用スケジュール説明
  質疑応答
16:00   終了予定


●持ち物
筆記用具(アンケート記入用です。当日は選考いたしません。)


https://job.rikunabi.com/2013/company/seminar/r316010036/C001/?ssl=0
ひがしの会 14:43 | 日記

福山ばらまつり(・・・の前のばら公園)

bara2.jpg

広島のフラワーフェスティバルが終わり
県内で次に大きなフェスティバル 『福山ばら祭り』が
いよいよ今週末開催。


ばら祭りの前に、綺麗なばらを見に行こうと
お客様を乗せて、みんなでばら公園まで行ってきました。

lrg_10462357.jpg bara3.jpg 

まだ少し蕾の薔薇もありましたが
綺麗に咲いてて、すごく素敵でした。
歩けば、そこまで広くない公園ですが
皆様久しぶりの外出にウキウキされて歩かれていました。


bara1.jpg
『綺麗なものを見て、心が洗われるようだね』と言ってくださり
薔薇と一緒にたくさん記念撮影をして帰りました。







ひがしの会 14:18 | 日記

2012年05月04日

☆第17回みゆき祭りレポート☆


毎年4月29日に開催しているみゆき祭り
必ず晴天に恵まれていたのですが
今年は1日ずらしの30日にしたためか
みゆき祭り始まって以来初めての 雨の中での開催となりました。

いつも通所をご利用いただくお客様をはじめ、

地域の方々の客足も遠のくかと思われましたが


例年以上の大盛況ぶり!

予定していたイベントスペースの隅から隅までお客様が入りました!


また、例年5~6名来て下さる島内の高校生ボランティアの数も

今年は13名と大勢駆けつけて下さいました。

いつも祭りの開会式のときに 大崎上島町長にご挨拶をしていただくのですが

今回は副町長もご臨席くださるという、ダブル来賓

みなさまのご好意・ご協力があったからこそ

この1年に1回の大掛かりなイベントが成功したと言えます。




今回の司会は、オレンジ通り峯介護士。

ウブで奥手な若手スタッフの彼は、

司会者起用が決まった時、「ええええ、僕には無理ですよおお」と絶叫していました。

慣れないプレッシャーにも耐え、前々日に自ら台本を作り、準備万端!

と思いきや、

司会者席に仕事着で登場。

おしゃれのことまで気が回らなかった様子!!!


スーツとか蝶ネクタイとかカツラとか何かなかったのか!!

先輩方に散々ツッコまれてしまった おしい評価の峯君でした。

(笑)

 



肝心のみゆき祭りの中身はというと

 014.JPG


大崎上島事業新入職員がソーラン節を踊りました。


4月初めから毎日健康館で練習した成果を十分に発揮し、

トップバッターとして華々しく開演を迎えることができました。


 

035.JPG


入所されているお客様のご家族様による「武田節」の演舞もありました。


「みんなに元気になってほしい」という思いで、


以前から大阪でボランティア活動をされておられ、

今回は相談員波多野のラブコールで出演が実現しました。

 


音源がカセットテープだったことから、音を出すのにかなり苦労しましたが、


同じく祭りのゲストで来てくださっていた『府中レインボークラブ』さんのミキサーを特別にお借りし、


無事に音源を会場に流す事ができ、

すばらしい舞を披露していただくことができました。


入所されているお母様も大変満足され、


「もう一踊りほしかったわ」と、名残惜しげにされていました


なかなか見ることのできない「男踊り」に、皆様酔いしれておられました。


 



058.JPG

午後の部から、

初登場「府中レインボークラブ」の皆さんが来てくださいました。

主に、ハーモニカを使った演奏をされるクラブです。


毎年お世話になっている「ふれあい広場移動演芸隊」の福本様に紹介され、

舞台出場のご依頼をさせていただいたのですが、

「ノーギャラで構いません!(笑)」と言ってくださり

広島市からはるばる大崎上島町へ足を運んでくださいました。




「様々な種類のハーモニカがあるんですよ」と説明を加えながら、

綺麗なハーモニーを奏でてくれるメンバーさんたち。

お昼ご飯後ということで 毎年午後の部は

少しウトウトされる方が多いのですが

今年はとても晴れやかな、ワイワイ盛り上がるステージとなりました。



残念ながら画像がありませんが、

もう一組特別ゲストで「都山流師範 武田様」による尺八演奏を披露してくださいました。

日頃耳にしない音に、皆さん耳を澄まし聴き入っておられました。


 



065.JPG

最後に毎年恒例「ふれあい広場移動演芸隊」の新長様によるマジックの披露です。

3年前までは、「チャーシューおおた様」の面白マジックが恒例の舞台でしたが、


一昨年に脳梗塞が起因してお亡くなりになられ、

その後を新長様が受け継いだ形となりました。


「お年寄りにも笑顔と笑いを」というチャーシューさんの意志を受け継ぎ、

軽快なトークと絶妙な手品で、会場を爆笑の渦に巻き込むステージを披露してくださいました。


  


代表の福本様も何ともテンポの良いトークで、まるで「広島版:綾小路きみまろ」でした。

最後の最後まで笑いを取ってくださり、最後にお客様皆さんと握手して舞台終了!



みゆき祭りのラストを飾ってくださいました。

 




写真では紹介はできませんでしたが、

東野ライオンズクラブの皆様をはじめ、

啓蝶会様による大正琴の演奏、

リハビリ課西野さんによる食前リハビリ西野体操、

福祉用具の展示・販売をしてくださったクオリティーライフ様、


今年も沢山の地域の方との交流ができ、貴重な1日をみんなで過ごすことができました。


 

 「来年もまた呼んでくださいね」とふれあい演芸隊の福本様からお言葉を頂戴し、

来年も頑張ろうと思った第17回みゆき祭りでした。



皆様、本当にありがとう御座いました!

 


ひがしの会 14:35 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。