2012年12月22日

湖山代表による大学講義

平成24年12月19日
湖山代表が朝早くに来広されました。
このたび、広島経済大学経済学部 川村健一教授の
国際企業論のケーススタディの講師として招かれ、
「高齢化社会に於けるグローバルビジネス」という内容で
経営の視点から介護施設の運営について
50名近くの学生を前に、1時間にわたる講義を行ないました。
DSCF3531.JPG

講義では、湖山医療福祉グループの沿革や
計画中の新しい施設のことなどを紹介させていただきました。
11月に中国で行われた「中国病院院長交流大会」に招待された時のことの話なども含め、
『介護福祉・地域医療とは何か』『日本で展開している介護サービスのクオリティは、世界に通用するかどうか』等
広い視点から、介護業界の現状と展望を説明しました。
DSCF3530.JPG
普段聞けないような話を前に
講義を受けた学生の方々は、皆さんとても興味深く聞き入っておられました。

代表をはじめ、湖山医療福祉グループの職員の様々な活動や取り組みが
社会の人々に貢献できることを願って・・・
ひがしの会 18:35 | 日記

2012年12月14日

年末おおそうじ



    あ!!


という間に、
日本全国 華々しく年末に突入しましたね。


昨日はふたご座流星群の流れ星をご覧になりましたでしょうか。
福山でも4〜5個はっきり見ることが出来ました。
大崎上島・東広島なら、なおさらハッキリ見えたことでしょう。
年の瀬も押し詰まった本日は、ひがしの会はISO外部監査を迎えていました。

ISOとは?(ISO9001)
http://www.arpanet.co.jp/b-mall/lesson/iso9001/f_wtat9001.html

現在、ひがしの会含む湖山医療福祉グループの各法人が、認容取得に向けて取り組んでいます。


自分たちが日ごろやっている仕事を客観的に見直したり改善したり
きちんとマネジメントできている業務は苦も無く整理できますが
上手に管理できてなかった部分は、見直した時に「ありゃ!ここが不十分だったのか!」と
改めて反省&立て直しを迫られる。
まるで年末大掃除のようです。

介護サービス、という
まだまだ曖昧模糊とした 発展途上の業界ですが
この仕事に携わる ひがしの会職員全員が
はっきりと、「自分たちは、プロ精神に基づいた しっかりとしたサービスをお客様に提供出来ている」と言えるよう
ISOを足掛かりに、自分たちの仕事を磨いていかねばなりません。


いやはや、年末の最後の大仕事を終えた気分です。
本当の施設大掃除も、しなくてはなりませんが・・・(汗


写真.JPG

大掃除ついでに、
忘れちゃならない年末の恒例行事。

毎年玄関口に、小さなモミの木を飾り付けております。


写真 (1).JPG

今年はお客様が家で編んで下さったテディベアを
ツリーによじ登らせて
一緒に来訪者を出迎えてもらっています。



皆様も良いクリスマスを★

ひがしの会 17:59 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。